• ホーム
  • 求職情報
  • 求人情報
  • 会社情報
  • お問い合わせ

企業から受託した業務の一部を担うサービスで、「外注(内職展開含む)」「業務代行」「業務請負」ともいわれます。

請負のシステム

注文先企業と請負事業者(KSA)との間に「請負契約」が、請負事業者(KSA)とそこで働く労働者との間に「雇用契約」が結ばれる形態を請負といいます。
実際の就業場所が注文先企業である場合でも、人材派遣と違い、指揮命令関係は請負事業者(KSA)と労働者との間にあります。

派遣と請負の区分基準

つぎの項目すべてを満たしたものが「請負」となります。

  1. 雇用関係にある労働者の労働力を自ら直接利用することを前提として、労働者に対する指揮命令、管理を自ら行うこと。
  2. 労働時間などに関する指示、その他の管理を自ら行うこと。
  3. 服務規程など、企業における秩序維持、確保のための指示、その他の管理を自ら行うこと。
  4. 資金は、自らの責任の下、調達し、支払うこと。
  5. 業務の処理に関する、事業主としての法律上の責任をすべて負うこと。
  6. 必要な機械、設備、材料などは、自ら調達して、業務を行うこと。
  7. 自らの企画、または自己の専門的な技術や経験に基ずき、業務を処理すること。

請負の就業状態分類

注文先企業に出向いて、そこで就業するタイプ。
請負事業者のオフィス、作業場など、自社で受託業務を行うタイプ。
(内職展開も含む)。

請負活用のメリット

必要なとき、必要な人材を、必要な期間だけ
活用できるメリットは、人材派遣と共通する部分ですが、異なる部分もあります。

コスト削減 (どの部分を委託するかによりどのコストが削減されるかが変わる)
専門的知識、専門的技術、ノウハウの活用。
本業分野への注力。

内職展開

当社では、取引先企業様から受託した業務について、委託契約を交わした「内職業務受託者」による生産展開も行っております。

ページトップ